サイトマップお問い合せ
TPプレガード
クイックベース(木造住宅基礎)
FX側溝
防草ブロック
W2R工法
ベンチフリューム
ドリームブロック(3A協会)
プレガード(PG基礎)
PSB-25
SBU
排水ドレンシリーズ
横断用道路側溝ベースプレート
えこまる
あいくる
情報BOX用ハンドボール
MUウォール
バランス工法擁壁
Cラインブロック &MC縁石桝
マルチフォームM側溝
スチール透水蓋®工法
レベロック
SRフェンス
ツメール

騒音問題を解消 さらにコストダウン

FX側溝


NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)
登録番号:KT−010223

 FX側溝
 製品規格
騒音問題解消

従来の道路用側溝は、車両走行時、蓋のガタツキによる騒音や、角欠けが大きな問題でした。
FX側溝は、TS(トリプルサポート)機能によりこれらも問題を解消しました。


TS(トリプルサポート)機能

蓋を“水平面”で受けていた従来型側溝では、蓋のネジレ・曲がり・欠け等による車両走行時の跳ね上がり衝撃音に対して無防備でした。
FX側溝は、TS機能により蓋のガタツキ、跳ね上がりを解消しました。
TS機能とは、蓋が受ける積載荷重を蓋の『斜面』と側溝の『曲面』により線で支えます。これにより蓋が安定した状態を保ちガタツキ、跳ね上がりを解消しています。
さらに蓋側面にあある『フィットポイント』が、蓋の水平方向のズレを防止すると共に跳ね上がりも抑え、安定力をさらに高めています。

歩道幅増加
従来の側溝に比べスリムになったため、
歩道幅の拡張が可能。
コストダウン

従来の側溝に比べスリムになったため、余剰土量の縮減、重機の縮小などにより、施工性が高まると共に工事期間の短縮につながり、全体的にコストダウンが 図れます。


従来の側溝に比べ軽量になったため、施工時においても扱いやすく、作業がスムーズに行え、施工性が向上します。


従来のに比べ軽量になったため、施工時においても扱いやすく、作業がスムーズに行え、施工性が向上します。また蓋の軽量化は、施工後の維持管理も容易にしました。

カタログPDFデータダウンロード