サイトマップお問い合せ
TPプレガード
クイックベース(木造住宅基礎)
FX側溝
防草ブロック
W2R工法
ベンチフリューム
ドリームブロック(3A協会)
プレガード(PG基礎)
PSB-25
SBU
排水ドレンシリーズ
横断用道路側溝ベースプレート
えこまる
あいくる
情報BOX用ハンドボール
MUウォール
バランス工法擁壁
Cラインブロック &MC縁石桝
マルチフォームM側溝
スチール透水蓋®工法
レベロック
SRフェンス
ツメール

水平自立積大型ブロック

レベロック
(開発元:丸高コンクリート工業株式会社)

施工性に優れた、レベロック(水平ブロック)です。
自立式の大型化した積みブロックで、表面は自然と調和する石模様です。

  • 商標登録 2010-062644号
  • NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)
    登録番号:KK-080003-V
  • 明度証明取得商品
  • 宅造基準に関する国交省告示(第1485号)確認試験実施済み
    (試験実施:丸高コンクリート工業株式会社)
レベロック(水平ブロック) 4つの特長
  1. 優れた構造安定性
    ブロック練り積み擁壁としての壁体重量、一体性、コンクリート強度等は標準設計と同等以上となっており、一般的な積ブロックと同様の使用が可能です
  2. 施工が簡単、安全、早い
    ブロックはすべてのサイズ、すべての勾配で水平自立する為、熟練工でなくても、誰でも簡単に、安全に、短期間に施工できます。
  3. 優れた経済性
    製品のサイズが1m2/個と大型なため、重機施工となり積みスピードが大幅にアップします。さらに、裏コン対応用のブロックを使用することで裏型枠・裏コン作業が不要となりさらなる低コストの施工が可能となります。
  4. あらゆる環境にマッチ
    ブロック表面の模様は自然景観にもよくなじむ石模様です。

※レベロック(水平ブロック)は、全て受注生産になります。

  • NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)
    登録番号:KK-080003-V
施工写真

岐阜県下呂市(下呂市役所)

静岡県浜松市(浜松市役所)

福井県福井市勝見(足羽川激特事務所)

レベロック(水平ブロック)

5分勾配用

Aタイプ(666×1500)

図面

規格 a b 標準重量
35型 350 391 435kg
45型 450 503 470kg
50型 500 559 475kg
55型 550 615 515kg

4分勾配用

Aタイプ(666×1500)

図面

規格 a b 標準重量
35型 350 377 445kg
45型 450 485 470kg
50型 500 539 485kg
55型 550 592 515kg

3分勾配用

Aタイプ(666×1500)

図面

規格 a b 標準重量
35型 350 365 450kg
45型 450 470 480kg
50型 500 522 490kg

※半切製品(Bタイプ(666×750)Cタイプ(333×1500))も製造可能です。

基礎ブロック

図面

※L=1.5m、L=0.75mも製造可能です。

規格 a 標準重量
35型 550 365kg
45/50型 710 585kg
55型 750 635kg

基礎ブロック(50型)

※基礎ブロック上段の突起の斜面が緩やかな方がブロック前面になります。

展開図

展開図

断面図

展開図

数量表

レベロック(水平ブロック)(10m2当り)

名称 形状寸法 全数量 単位 備考
規格
レベロック 1500×666 10.000
間詰コンクリート 5分 A35 18N-8-25 1.775 m3
A45 2.622
A50 3.100
A55 3.425
4分 A35 1.732
A45 2.535
A50 2.991
A55 3.425
3分 A35 1.710
A45 2.579
A50 3.035

基礎ブロック(10m2当り)

名称 形状寸法 全数量 単位 備考
規格
基礎ブロック L=3m 3.333
間詰コンクリート A35/A45/A50/A55 18N-8-25 0.557 (0.167) m3

※1.()内は製品1個あたりの数量です。
※2.必要に応じて2〜3m2 に一ヶ所、水抜きブロックを使用願います。

福井県越前市黒川町

施工要領
  1. 基礎ブロックの布設
    均しコンクリートを設置した後、所定の位置に基礎ブロックを布設し、間詰コンクリートを天端まで打設します。
  2. 1段目のブロック布設
    ブロックを布設した後、ブロックの裏側から良質土、又は裏込材で埋戻し、間詰コンクリートをブロックの半分程度まで打設します。
  3. 2段目以降のブロック布設
    ブロックを布設した後、裏込材を充填し、間詰コンクリートをブロックの半分程度まで打設します。(必要に応じて水抜きパイプを設置)
  4. 天端コンクリート
    天端コンクリートを施工して完了です。

※発泡スチロール化粧型枠あります。

施工要領図

保管・取扱いに関する注意事項
  • 製品本来の目的・仕様以外でご使用になると危険ですので十分注意してください。
  • 作業時には関係者以外の人が現場に立ち入らないように十分注意してください。
  • リフト及びクレーンでの製品の移動時は荷崩れしないよう、静かに移動してください。
  • 施工治具(吊りワイヤー、金具等)は使用前に十分に点検を行ってください。
  • 施工治具の製品への取り付けは確実に行ってください。
  • 重量物ですので、据え付け吊り込み中は、製品の下に入らないでください。
  • 現場での作業時には、適切な保護具(ヘルメット、手袋、安全靴)をご使用ください。

ご利用にあたってのお願い

  • 掲載の製品は、平成29年2月現在のものです。
  • 当社取り扱い製品の主要事項を掲載したものです。
    詳しい説明、使用図面等さらに詳しい資料を必要とされる場合には、担当者までお申し付けください。
  • 掲載製品の中で、一部取り扱いできない地区・地域があります。
  • 掲載製品の規格寸法につきましては、成型寸法となっておりますので表面加工により実寸法とは異なる場合があります。
  • 単体図・展開図・断面図は参考例ですので、ご使用にあたっては設置場所、設置条件を考慮してください。
  • 製品質量は参考値のため、仕様材料(セメント・骨材等)により、若干の変動があります。
  • 掲載製品以外の製品、および特注品についても、設計・製作いたします。担当者までお申し付けください。
  • 掲載製品の色につきましては、実物とは多少異なる場合があります。

カタログPDFデータダウンロード